プログラムの概要

head008_03

「いのちを守る@子育てママの体験型防災セミナー」

プログラムスケジュール 10:30~13:30

 

スタート 10:30 開会挨拶

 ↓

セッション1 10:35~11:05 防災講義(30分)

【内容】
まず最初に災害時に「自助」に関わる重要な知識を全員が習得します。
自身の知識の習得と同時に、参加者が同じ知識を共有することで、この後のプログラムにおける学びを深める効果があります。

 ↓

セッション2 11:05~11:20 あの時を振り返る(20分)

【内容】
過去の震災の映像や、被災者及び支援者の声をまとめたビデオを視聴します。

映像を通じて、それぞれの「あの時」をふりかえり、セミナーに参加する意義と意味に気づき自身に向き合います。

  ↓

セッション3 11:20~12:20 防災アイテム体験(50分)

【内容】
防災カレーや防災パンなどの非常食等のアイテムを実際に使います。

物資に触れて、非常時に本当に必要なものは何かを知ると同時に、非常食や備蓄品の考え方、調理法の知識と工夫を知ることができます。

 ↓

セッション4 12:20~13:15 防災ゲーミフィケーション1(20分)

【内容】
発災時や避難時における状況で、どのような行動するか、決断をするかを体験するチームで行う、防災シミュレーション「いのちを守る@防災リスク・サーベイゲーム」です。 「情報収集→意思決定→適切かつ迅速な行動→検証」このサイクルを特に発災直後は、回し続ける。 細かな状況変化に目を光らす。一度、決めた事、意思決定した事にこだわらない事が大事。
設定された状況と限られた情報の中で、意思決定のプロセスとその難しさを学んでいきます。
コミュニケーションセッションでは、他者の行動プロセスを知ることで、決断と状況を多角的にとらえることを学びます。
そして、その学びは実際の場面では自身の経験として役に立ちます。

  ↓

セッション5 13:15~13:25 IMPJ防災リーダー検定試験(10分)

【内容】
IMPJが、実施する防災リーダー検定試験です。

この検定試験は、「自助、ご自分のいのちを守る」為の知識の習得を目的としています。

  ↓

セッション6 13:25~13:30 振り返り(5分)

【内容】
プログラムをセッションごとに振り返り、自分の言葉で改めて見つめ直します。

それぞれのセッションごとに設定された目的を反芻します。
セッションごとに振り返り、書き出す事で、学んだことを自身の中に定着を促すプログラムです。

  ↓

13:30 閉会

 

■ プログラム監修及び企画制作 高貝正芳 IMPJ代表理事