台風10号 大雨が降り出してしまった。逃げるとき 注意!!

台風10号 大雨が降り出してしまった。逃げるとき 注意!!

避難するタイミングは非常に難しい。

考えているうちに、外は大雨!  避難しなくては!!

歩いて非難することに決めたなら!!

徒歩避難で、注意したい ポイントは、、、



★ 沖縄の防災手引きによる台風時の「避難時のポイント」 ★


 
① できるだけ軽装で避難しましょう。

➁ 裸足、長靴は禁物。ひもでしめられる運動靴がよいでしょう。

③ はぐれないようにお互いの身体をロープで結んで避難し、とくに子供から目を離さないようにしましょう。

④ 水面下にはどんな危険が潜んでいるかわからないので杖などで安全を確認しながら歩きましょう。

⑤ 風で危険な物が飛んでくる恐れがあるので、ヘルメットや防災ずきん、または厚手の帽子などをかぶるようにしましょう。

⑥ 災害に備え隣近所で声かけ合い集団で避難しましょう。

——————————–

沖縄地方で

風速80メートルを記録したのは過去に2回

★1回目

1966年9月5日、宮古島「第2宮古島台風」、
最大瞬間風速85.3メートル、日本観測史上1位

宮古島は通信機能が麻痺、孤立状態で、
台風が直撃した当日は被害の確認ができなかった。

電柱倒れ、インターネットも使えない

2回目

2015年9月28日午後3時41分ごろ、
台風21号が直撃した与那国島 81.1メートル

与那国町のすべての世帯、約1千戸が停電、
倒れた電柱 電柱27本!

——————————–

★ 不要不急な外出控えて ★

台風接近の前に、立てこもつ建物の確認が必要。
本当にここで、いのちを守れるのか!?

 (1)気象台の気象情報や避難情報に注意・・・情報をながめて、評論して
    いる場合ではない。意を決して、いざ行動へ。
    情報をいのちを守る武器として、使って!!


 (2)早めの避難・・・雨、風がひどくなる前に、昼間のうちに


 (3)不要不急な外出を控える・・・いのちより大切なことは何! 
    大切な人とは、電話、LINE、インターネットなどで事前に
    十分な連絡っを取り合う、そして、各自の行動の方針を相談して
    おくこと。
    あわてて、迎えに行かない!!!


 (4)危険な場所には近づかない・・・見物は厳禁!

——————————–

【お問合せ先】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114

e-mail : info@imp-japan.org

広告
Impj-mama

コメントは受け付けていません。