ペット防災、ペットは、家族 守るには!

東日本大震災が発生した翌年から始めた、
ママと子育て中のファミリー向けの防災セミナー
いのちを守る@子育てママの体験型防災セミナー(3H)に参加された
女性が、セミナー中に話された言葉が心に響きました。

この方は、独身で子育てしていなかったのですが、
お勤めされていた会社で、防災セミナーを実施したいとのことで、
先ずはご自身が勉強のために
このセミナーに足を運んでいただきました。

実施プログラムの中で、東日本大震災で被害を受けた
東北の被災地に支援ボランティアで頑張ってくださった方々の話になりました。
この日のセミナー参加者の中にも支援活動の為、被災地に足を運ばれた方が
何人かおられました。  本当に感謝です。。

この時、先ほどの女性は本当に申し訳けなさそうに
「私は、被災された現地に駆けつけたかったんですが、
行けなかったんです。」 
「犬のペットを室内で飼っているので、
一人にして、長期間遠くに行けない事情があったんです。」
と、、

大きな罪悪感を抱えて本当に苦しそうで、
私は、その方に申し上げました。

「たかが、ペットのことで!」とおっしゃる方もいますが、
「そのペットのワンちゃんは、家族なんですよね。」
「だから、余震でまだ東京もゆれていているときに」
「家族をおうちに一人で、残して行けなかったんですよね!」と、、

その方は、目に涙を浮かべてうなづかれました。

世の中には色々な、考え方の人々がいます。
日常の中でも、時として、その違いゆえにトラブルが起きてしまうことがあります。

大災害が発生した後の被災地では、非日常の中では、
個人のわががままが、もっと強く出てしまいがちです。



ペットについての考え方も人によって様々です。
こんな時だから、人間が優先に決まっていると、
迷いなく考えている方もおられます。

これを否定はできません。

だからこそ、その時どうするのか?
今のうちに考え、備えの行動、準備をしてほしいのです。

➀家でペット(家族)と一緒に被災した場合どうする?
➁外出先でペット(家族)と一緒に被災した場合どうする?
③自身が外出していて、ペット(家族)と別々に被災した場合どうする?

それそれのケースについて、考えてみて下さい。
また、地域での協力者、同じようにペットを飼っている
方々とも話し合ってみてほしいです。

追伸、ペットのいのちを守るには、
先ずは、ご自身のいのちを守らなければ
愛する家族のことは守れません。
ここが始まりとなります。

参考  環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。


安心! 幼稚園、保育園の防災対策

4月に入園して、5月の連休が過ぎて、子供たちも、保護者の方々も、
通園生活に慣れてきて色々なことが目に入り、耳に入ってくるようになった頃だと思います。

園の防災対策については如何でしょうか?

入園説明会の時に既にお話があったと思いますが、、
「園の防災への取組について」


子どもたちの通っている保育園、幼稚園では、
大災害、特に大地震が発生した時に
大切な子どもたちの「いのち」をどのように守って下さるのでしょうか?

園によっては、地震発生時の避難訓練、保護者の「お迎え訓練」をもうしたよ!

と言われるところもあるかもしれません。

ここで私が心配なのは、いざという時(大災害発生時)
本当に、すぐに、その日のうちに、「お迎えに行けますか!?」と言うことです。

「お迎え訓練」って、
保護者がお迎えに行けるぐらいの被害の場合だけですよね!!  
お迎えに行けるのは、、、


阪神淡路大震災の時は、お迎えなんていけない、街中破壊され、
燃えているところもありました。

公共交通機関は、全く動いていませんでした。
電話も通じなかった。

この時は、発災が早朝の5時46分でしたから、
家族がみんな一緒だったおうちが多い時間帯だったから、
お迎えの必要はなかったけれど、
もし、登園した後の大地震発生だったら、、、

今、阪神大震災規模の大地震が私たちを襲ったら、
そして、それが、子供たちの登園中だったら、
私たちは、何が出来るのでしょうか?

もう一度、機会をつくって、園の責任者の方々と
その時、大地震が発生した時、「お迎えに行けない」くらいの
私たちの街が、姿を変えてしまったとき

どのようにして、私たちは、愛する子どもたちの

「いのち」を守ることが出来るのか話し合ってほしいと思います。

それと、もう一つ大事なこと。
それは、保護者の方々ご自身が、発災時、第一撃から
自分自身のいのちを守り切れるかと言うことです。

それが始まりです。

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。


小さい 防災リュック

小さい子供に、小さい防災リュックは必要?

3~4歳の小さな子供が、家族に手を繋がれて街を歩いている姿を見ることがあります。

中には、何が入っているのかな?
玩具とオシメ、お菓子と言う答えが多いようです。
私としては、是非、1つでもいいので、防災グッズ、
いのちを守るアイテムを入れてあげてほしいのです。

優しく説明付きで、何でこれが必要なのか?いつ必要なのか?
どんなふうに役立つのか? 
ちっさい時から話してあげてほしいのです。
小さすぎて、分からないんじゃないか!!
と言う声が聞こえてきそうですが、、、

そうでもないと思います。

防災セミナーを実施させて頂いたある地域で、
終了後、参加していたママさんにお伺いした話です。

東日本大震災発生の時、その方は仕事で、東京の会社にいました。
大きな揺れが襲ってきたとき、頭の中であふれかえったのは、
一人で藤沢市の自宅にいる小学校3年生の娘さんのことだったそうです。

電話は繋がらない。 交通機関もマヒ! 帰れない。


いつ娘さんと再会することが出来るかわからない。
不安でたまらない一夜を一睡もしないですごし、
翌日のお昼過ぎに何とか自宅に戻ることが出来ました。

ドアを開け、娘さんの名前を呼んでも返事がない。
不安が、マックスへ膨れ上がった頭で何とか冷静に
娘さんの避難していそうな場所を探しました。

ようやく分かった娘さんの居場所は、日頃から仲良くさせて頂いた
家族ぐるみでお付き合いしている、同級生のお宅でした。

お母さんは、駆けつけ、娘さんを抱きしめて聞きました。
「無事でよかった、一人でごめんね」

「それとどうして、お友達のおうちに来たの?」

すると、娘さんは、少し不思議そうな顔をして、

「だってママが、話してくれたから、、」
お母さんは、すぐに思い出せませんでした。

よくよく聞いてみると娘さんが、小さい時、
幼稚園の年長さんぐらいの時に話していたんです。


「もし、おうちで、一人で、大きな地震が来たら、
自分の避難袋と小銭をもって、帽子をかぶって、
近くのお友達の家に行って助けてもらうのよ!」

娘さんは、何年もたったその日、
お母さんの言いつけを実行したのでした。

子どもの防災教育、特に小さいお子さんには
まだわからない、、だろうと思いがちですが、
今から話してあげてほしいのです。

自分で自分のいのちを守る術(すべ)を!

先ずは、「ちっさな防災リュックから!!」

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。