台風10号瞬間風速85メートルの恐れって?

台風10号瞬間風速85メートルの恐れって?

台風10号の脅威が報道されている。

風速ってなんだ?!

素朴な疑問である。 どのくらいの風の強さなのか?
どのくらいのダメージを生み出す、威力なのか!!

風速の単位は?

風速の単位は、m/s


これは1秒間に1m進む速さを意味する。


風速が85 m/sとは、1秒間に85m進む速さのことである。

つまり、一般になじみのある単位時速「km/h」に直してイメージしやすくすると、、

85メートル/秒 × 60(秒) × 60(分) = 306km/h

となる。


難しい説明ですが、
私たちの家などの建築物に作用する風の圧力の「風速」を、
基準風速と言うそうです。

※基準風速は、高さ10mにおける10分間平均風速です。

簡単にイメージできるのは、新幹線と同じ速さの物体が、
例えば、おっきな看板が、306km/hのスピードで
私たちに向かって瞬間的に突進してくる。

気が付く暇もない。
次の瞬間、ぶちのめされていることです。

表をうかうかと歩いてはいけないということ!


分かってしまったら、のんきにはしていられないと思う。


いのちを守る情報は、テレビ、ラジオ、インターネット、新聞などに
てんこ盛りであふれかえっている。

その中から、如何に「いのちを守る情報」を選び出し、
その情報を使いこなせるかが、大きな分岐点となる。


ちなみに気象庁の台風関係の表現は、下記の様になります。

・台風とは、北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの。
   ※17m/s=61.1km/h

強風域とは、台風や発達した低気圧の周辺で、平均風速が15m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。
   ※平均風速が15m/s以上=54km/h以上

暴風域とは、台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。通常、その範囲を円で示す。
※平均風速が25m/s以上90km/h以上

台風の大きさとは、

大きさ風速15m/s以上の半径
(表現しない)500km未満
大型:(大きい)500km以上 800km未満
超大型:(非常に大きい)800km以上


 ※台風に伴う風速15m/s以上の領域の半径を基準にして次のように決める。
  風速15m/s以上の半径が非対称の場合は、その平均値をとる。


【問合わせ先】
一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org

広告
Impj-mama

コメントは受け付けていません。