災害被災時の車中泊避難に対する取り組み

熊本地震では二次災害の不安もあったことから、自宅に被害がなかった避難者も自宅や指定避難所ではなく車中泊避難をした割合が一番多かったそうです。


車中も安全面や健康面への適切な知識をもてばプライバシーを保持できる重要な空間です。

たまには、今はやりの車中泊キャンプなどを行ってみれば、
自分たちにとっている道具も分かってきます。

そこから少しづつ車に備蓄していくのもいいかもしれませんね。

ただ、ここ数日の大寒波の際は、雪に閉じ込められての車中泊
凄く危険です。 一酸化炭素中毒は、無音で忍び寄るリスクです。

トヨタ自動車コーポレート・チャンネルより

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

大寒波から、いのちを守る!

冬の嵐は、交通事故、低体温症、凍傷、一酸化炭素中毒、過労による心臓発作などのリスクを高めます。吹雪を含む冬の嵐は、極寒、氷雨、雪、氷、強風をもたらします。

冬の嵐の特長を知る!

数時間から数日間、持続することがあります。

熱、電力、通信を遮断します。

高齢者、子供、病人、ペットなどをより危険にさらしかねません。

冬の天候から、いのちを守る

断熱材、コーキング、隙間充填材で家の中の寒さを防ぐ準備をします。
パイプの凍結を防ぎましょう。

停電で数日間家にいなければならない場合に備えて物資を集めておきます。

服用している薬も含めて、一人ひとりのニーズを把握しておきましょう。

ペットに必要なものも忘れないこと。

ラジオや懐中電灯の予備の電池を用意します。

緊急時の対応とは?

家で、職場で、車の中で、冬の天候に備えましょう。車用の緊急用品セットを作ります。ジャンパーケーブル、砂、懐中電灯、防寒着、毛布、ペットボトルの水、保存食品・スナックなどを用意しましょう。ガソリンを満タンにしておきましょう。

冬の天候で安全に過ごす方法を知る

一酸化炭素中毒を防ぎましょう。

  • なるべく道路には近づかないでください。車の中に閉じ込められた場合は、車の中にいてください。
  • 外出時間を制限します。外出する必要がある場合は、暖かい服を重ね着してください。凍傷や低体温症の兆候に注意してください。
  • 雪かきや雪の中を歩くときに無理をしないようにして、心臓発作のリスクを減らします。

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加