車の駐車場の防災的選択

車の駐車場の防災的選択

東京に宿泊する際は、那須から車で向かう場合が多いので、
車をどこに止めるかが重要な選択になってくる。

先ずは、費用面、24時間(車両宿泊)で、いくらかかるのか?
安いほうが良い。
幸い宿泊先から徒歩5分のところに
1泊の費用がこの界隈では、一番安く、新しい立体駐車場があり
今までそこを利用していました。

しかし、いつも頭の片隅をよぎる事があります。
もし大地震が発災したらと、

電源消失、或いは、建物が損傷して
車両の出し入れが出来なくなってしまう。。

通常、車両の中には、非常用にサバイバル物資一式を
常備しているが、これらが一切使えなくなる。
また、車両を一切活用できなくなる。

移動はできなくとも、常備品、電源としての車、
車中泊のスペースとしてなど、活用の幅は広い
頼りになる存在。

トラブルは突然襲ってきました。
地震ではなく、ちょっとした立体駐車場を制御している
センサーの故障、出庫することに長時間かかってしまい
その後のスケジュールに大きな影響が出てしますところでした。

これを境に24時間当たり、500円ほど高いがより安全な
自走式、12階建ての駐車場を選択することにしました。
万が一電源消失しても、ゲートを手動で開き、出庫も可能
また、建物が強固なため、敢えて出庫せずに
車を活用した避難場所とする、、なども可能と考えています。

都市部で駐車場を選択する場合は、その形式、立地、侵入経路
なども考えたうえで決めることが大事だと思います。

大災害から自身の大切ないのちを守るために!

広告
Impj-mama

〒106-0045 東京都港区麻布十番2-16-8 十番コアビル3F

コメントは受け付けていません。