首都直下地震で、熱中症は、砂糖と塩

大地震発生時の熱中症患者

猛暑の夏に大地震で被災したら、電源消失! クーラー無。。

もしも、この猛暑に大地震が発生したら、
電源消失、快適だったショッピングセンター、構造ビルなどの空調はダウン、
数時間と言わず、数十分で、部屋の温度は耐えられない高温に上昇してしまう。
空調の止まってしまった、建物の中にとどまっていることは自殺行為と言ってよい。

だからと言って、
屋外に飛び出せば、待っているのは体を焼くような日差し、
大地震の第一撃から守ることのできた
いのちを熱中症から守り抜くためにはどうしたらよいのか!

先ずは日頃の熱中症対策

言うまでもなく、日常においても熱中症対策は不可欠なこと
常時携帯しておくべきものは、直ぐに思いつきますね。。

水、塩分、砂糖、、、どうして必要なのか、、

熱中症対策の落とし穴! 水分補給だけでなく塩分補給!

熱中症が疑われるときの対処法は、こまめな水分補給です。
でも、水分補給は大切なことですが、
水分だけを補給していると
症状を悪化させることがあります。
注意が必要です!

水分補給が熱中症の悪化に?!

高温多湿の屋内外で30分を超える長時間体を動かすと
大量に汗をかきます。
体内の水分だけでなくて、塩分、ミネラルも汗と一緒に体から出て行ってしまいます。


そこに水分だけを補給すると、
血液の中の塩分・ミネラル濃度の割合が低くなります。

すると様々な熱中症のいのちに関わるような症状出てきます。

熱中症時の水分と塩分の補給の方法は?

熱中症だなっと思ったときは、ただ水分を補給するのではなく、
塩分も一緒に補給しましょう。
自分で作る食塩水でもOKです。
食塩水の目安は、1ℓの水に対して1~2gの食塩です。


それと重要なポイントがあります。
長時間の活動で失われた糖分を補い、
エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、
水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもなります。

塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もOKです。
カフェインの入った飲み物は、トイレが近くなるので避けましょう。

参考情報 「熱中症ゼロへ」とは

熱中症ゼロとは 「一般財団法人日本気象協会が推進するプロジェクト」


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください