安心! 幼稚園、保育園の防災対策

4月に入園して、5月の連休が過ぎて、子供たちも、保護者の方々も、
通園生活に慣れてきて色々なことが目に入り、耳に入ってくるようになった頃だと思います。

園の防災対策については如何でしょうか?

入園説明会の時に既にお話があったと思いますが、、
「園の防災への取組について」


子どもたちの通っている保育園、幼稚園では、
大災害、特に大地震が発生した時に
大切な子どもたちの「いのち」をどのように守って下さるのでしょうか?

園によっては、地震発生時の避難訓練、保護者の「お迎え訓練」をもうしたよ!

と言われるところもあるかもしれません。

ここで私が心配なのは、いざという時(大災害発生時)
本当に、すぐに、その日のうちに、「お迎えに行けますか!?」と言うことです。

「お迎え訓練」って、
保護者がお迎えに行けるぐらいの被害の場合だけですよね!!  
お迎えに行けるのは、、、


阪神淡路大震災の時は、お迎えなんていけない、街中破壊され、
燃えているところもありました。

公共交通機関は、全く動いていませんでした。
電話も通じなかった。

この時は、発災が早朝の5時46分でしたから、
家族がみんな一緒だったおうちが多い時間帯だったから、
お迎えの必要はなかったけれど、
もし、登園した後の大地震発生だったら、、、

今、阪神大震災規模の大地震が私たちを襲ったら、
そして、それが、子供たちの登園中だったら、
私たちは、何が出来るのでしょうか?

もう一度、機会をつくって、園の責任者の方々と
その時、大地震が発生した時、「お迎えに行けない」くらいの
私たちの街が、姿を変えてしまったとき

どのようにして、私たちは、愛する子どもたちの

「いのち」を守ることが出来るのか話し合ってほしいと思います。

それと、もう一つ大事なこと。
それは、保護者の方々ご自身が、発災時、第一撃から
自分自身のいのちを守り切れるかと言うことです。

それが始まりです。

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。


小さい 防災リュック

小さい子供に、小さい防災リュックは必要?

3~4歳の小さな子供が、家族に手を繋がれて街を歩いている姿を見ることがあります。

中には、何が入っているのかな?
玩具とオシメ、お菓子と言う答えが多いようです。
私としては、是非、1つでもいいので、防災グッズ、
いのちを守るアイテムを入れてあげてほしいのです。

優しく説明付きで、何でこれが必要なのか?いつ必要なのか?
どんなふうに役立つのか? 
ちっさい時から話してあげてほしいのです。
小さすぎて、分からないんじゃないか!!
と言う声が聞こえてきそうですが、、、

そうでもないと思います。

防災セミナーを実施させて頂いたある地域で、
終了後、参加していたママさんにお伺いした話です。

東日本大震災発生の時、その方は仕事で、東京の会社にいました。
大きな揺れが襲ってきたとき、頭の中であふれかえったのは、
一人で藤沢市の自宅にいる小学校3年生の娘さんのことだったそうです。

電話は繋がらない。 交通機関もマヒ! 帰れない。


いつ娘さんと再会することが出来るかわからない。
不安でたまらない一夜を一睡もしないですごし、
翌日のお昼過ぎに何とか自宅に戻ることが出来ました。

ドアを開け、娘さんの名前を呼んでも返事がない。
不安が、マックスへ膨れ上がった頭で何とか冷静に
娘さんの避難していそうな場所を探しました。

ようやく分かった娘さんの居場所は、日頃から仲良くさせて頂いた
家族ぐるみでお付き合いしている、同級生のお宅でした。

お母さんは、駆けつけ、娘さんを抱きしめて聞きました。
「無事でよかった、一人でごめんね」

「それとどうして、お友達のおうちに来たの?」

すると、娘さんは、少し不思議そうな顔をして、

「だってママが、話してくれたから、、」
お母さんは、すぐに思い出せませんでした。

よくよく聞いてみると娘さんが、小さい時、
幼稚園の年長さんぐらいの時に話していたんです。


「もし、おうちで、一人で、大きな地震が来たら、
自分の避難袋と小銭をもって、帽子をかぶって、
近くのお友達の家に行って助けてもらうのよ!」

娘さんは、何年もたったその日、
お母さんの言いつけを実行したのでした。

子どもの防災教育、特に小さいお子さんには
まだわからない、、だろうと思いがちですが、
今から話してあげてほしいのです。

自分で自分のいのちを守る術(すべ)を!

先ずは、「ちっさな防災リュックから!!」

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。

我が家の防災マニュアル作り

既に世界中が、大災害に襲われていますね。

疫病、パンデミックス! 新型コロナの感染拡大中ですね!
本当に早く収束してほしいと心から願っています。

そして更に今、備えたい、備えなければならないのが、
大地震、そして、大地震を起点とした、大火災、
沿海部の津波などの複合災害です。

本当に心配したら、眠れなくなるぐらいですが、
日常においては、日々の忙しさに紛れて、
その恐怖を忘れてしまっているのではないでしょうか。

国の機関、自治体、多くの企業、学校、様々な団体が、
危機管理マニュアルや防災マニュアルを作成しています。
まだ、出来ていないところでもその必要性は、大いに感じているようです。

我が家では、どうでしょうか?

防災マニュアル、必要でしょうか?
皆さんは、どの様に思いますか?

私は必要だと思います。

我が家では、どうするのか。。

既にうちはこうするよ、もう防災マニュアルは、作ったよ。
と、言うお宅もあるでしょう。

でも、まだでしたら是非、我が家の防災マニュアル作ってほしいと思います。

但し、防災マニュアルと言っても
自治体や企業、学校の様に大掛かりなものではなくて、

発災(災害が発生する事)の前と後、それぞれのタイミングで実践すべき
いのちを守る5か条、合わせて、10か条、名付けて、

「いのちを守る@我が家の防災マニュアル 10か条」

いのちを守るための具体的な我が家の10か条を
大切な人、愛する人、家族と
食事をしながらでもいいので、是非、話し合ってほしい。

★作成参の参考事例

発災前の5か条
・倒れてくる家具のそばに寝ない。
・寝るときは、懐中電灯と足を守る為、かかとの有る靴を枕ものに置いておく。
・立てないぐらいの揺れ(震度6強以上)が起きた時の脱出ルートを決めておく。
・自宅が立っている場所の危険ポイントを確認しておく。
  ※川、海、崖、倒壊しそうな建物、化学工場などとの位置関係をつかんでおく。
・避難ルート確保の為の消火弾などを寝ている部屋に備えておく。

発災時からの5か条
・大きな揺れを感じたら、丸まって慌てて立ち上がらない。
・電源消失したら、枕元のライトで回りを照らして靴を履いてから立ち上がる。
・ケガをしないように安全なルートを選んで、安全な場所に慌てず移動する。
・建物の周囲の様子をよく見て、火事、壊れた建物などを確認、より安全な場所移動するか考える。
・移動する場合、邪魔にならない、安全を確保するための最小限の非所用持出アイテムをもっていく。

是非参考にして、我が家オリジナルの「いのちを守る@我が家の防災マニュアル 10か条」
作成して、家の冷蔵庫に貼って、小さく書いていつも持ち歩いて頂きたいと思います。

追伸、「家を離れるときに、張り紙を居場所を知らせる張り紙をしよう! 」と、
防災ガイドブックなどに書いていますが、災害時に留守宅を荒らす泥棒が多発しています。

張り紙で、わざわざ、留守にしていることを教えることになります。
家族への連絡は、約束しておいた、目立たないところに、暗号で書いておきましょう!

お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
http://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

LINE公式アカウント

友だち追加

防災セミナーイベントの開催ご希望の際も上記迄

お気軽にお問合せ下さい。