感染防止防護服 制作に関わらさせて頂きました。 

コロナ禍の真っただ中の4月中旬から医療・福祉を中心として品不足となった、
感染予防用の防護服、商品名はサンプラガウンの
企画・製作にかかわらせて頂きました。

製品不足がひっ迫する中、電子部品関連のフィルム専門メーカーである、
サンプラスチック株式会社(那須塩原市)の
大江社長さんが、自社の製品を生かして、

何とかコロナ感染予防に役立てたい
ご苦労されている福祉介護及び医療現場の方々の助けになれば!!
との思いで感染予防防護服の製作に取り掛かりました。

現在、下記のような製品となって、
介護施設、病院、消防関係で使用いただいています。

特徴は、静電防止機能、もともとは電子部品を包むときに
製品を静電気で破壊しないようにするために開発されたフィルムを活用して、

冬には特には特に怖い、びりびり「静電気」が起こりにくくしています。
また、ウイルスのいっぱいついたダストを静電気で吸い付けない効果もあります。

知恵を生かして、コロナ禍と戦っていきたいと思います。


問合せ先


一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114 Mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

いのちを守る@3つのパッケージ!!

世の中にいろいろな災害対策ガイドBookがあり
非常時用の持ち出しグッズのリストを用意してくれている。
タイトルには、「非常用持ち出し袋」と言うものが多い。
非常時に持ち出すものなんだとすぐにわかる。

先ず、非常時とはどんな時か?
大体、大地震を想定しているケースが多い。

しかし、水害、土砂災害、感染症への
対策は、組み込まれているだろうか?

What?  

何から、「いのちを守る」のか?
★戦うべき脅威が、しっかりと想定されているのか?

持ち出すとは、当然、家から持ち出すわけだが、
外出していたらせっかく自宅に、或いは会社に「非常用持ち出し袋」を用意していても
取りに帰れない!

丸腰で戦わなければならないのだ!
私は、非常用の物の備えについて、

このように考えてほしい!

この考え方は、東日本大震災が発生した
2011年の12月に

子育てで忙しい、ママたちのご要望にこたえて実施させて頂いた


「いのちを守る@子育てママの体験型防災セミナー」

向けの教材として作ったスライドの中の挿絵だ。


それぞれを説明すると、

非常用常時携帯パッケージ

いつでも外出時には携帯する、最小限の生きる武器

重さは、500gまでがいいところ。
家にいるときは枕元に置いて寝てほしい

※「非常時持出パッケージ」の一部となる。
※主要な連絡先リスト、保険者番号、銀行口座、お薬手帳の抜粋など
いのちを守る情報をまとめた情報パッケージも合わせて入れておきたい。


非常時持出パッケージ

在宅非難が不可能になりどうしても家から

より安全な所へ避難しなければならないときに

持ち出す最小限の物資と装備


在宅非難パッケージ

文字通り家が仮にダメージを受けたとしても
何とか自宅での避難を続けられそうであるとき

生活を継続するために
必要な水、食糧を中心とした物資。

具体的な中身については、別稿にて詳しく書きたい!

非常用常時携帯には、目薬とかゆみ止めは、是非入れておいてほしい。


お問合せ先

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org
https://imp-japan.org
https://cma-atmama.org

友だち追加

地域、商店街での開催ご希望の際も上記迄お気軽にお問合せ下さい。

#いのちを守る@3つのパッケージ
#非常用持ち出し袋
#いのちを守る防災アイテム
#子育てママの@体験型防災セミナー
#公益社団法人危機管理協会 専務理事 高貝正芳
#リモート防災セミナー

「防災ふりかけ 」プロジェクト

多発する自然災害に対し

備えに対しての意識が高くなってきている。

10年前とは比べ物にならないくらい!

いのちを守るための武器 = 物資

いのちを守る武器ともいえる、これらの物資は、

工夫を凝らした多くの製品が、店頭で販売されている。

どれを購入してよいか迷うほどである。


「いのちを守る@防災ふりかけ」

昨年、2019年の6月中旬、都内に本社を置く

ふりかけメーカー様の本社を訪ねました。

うかがった目的は、いのちを守る武器について

ご協力をお願いすることでした。

日本の誰でも知っているこのメーカーさん、

製品も有名ですし、嫌いな人はいないと思います。

どんなお願いだったか!?

★「いのちを守る@防災ふりかけ」

   ※「いのちを守る@防災ふりかけ」を一緒に開発!

   ※「防災ふりかけを防災備蓄として常備」の啓蒙・啓発

推進するプロジェクトだ。

結果は、残念ながら未決のまま現在に至っています。

ちなみに、こちらの会社様では、災害発生時は、いち早く被災地支援を実施してきたとのこと。

活動としては、自社製品のふりかけを現地に持参し、被災者に食べてもらっているとのことだった。

他のふりかけ会社様、数社にご連絡してみましたが、

弊社が、寄付をたかっているかのような誤解を受けた会社様もあり、、、、

残念!!


私たちは、防災ママプロジェクトのなかで、

家族で参加できる、「いのちを守る@防災クッキング」と言う


プログラムを

東日本大震災の発生した年の12月から、

多くの子育てママたちのご要望もあって、

開始、現在まで実施してきている。

このプログラムの中で、

ご受講者自身で、手を動かして、防災クッキング!
アルファー米をホッ・トンパックと言う

非常時用の調理キットで加熱して、食べてみる!

ワークショップを実施します。

この時、白米のアルファー米に当初、レトルトカレーを同じく温めて

かけて食べて頂いていたのですが、

災害と言えば、カレーがつきものだけど

ほかの工夫はできないのかな?!

また、カレーでも、家族の中で、甘口、中辛、辛口、、

好みが違うこともあり

避難が長期にわたった際は、特につらい現実に、
またまた、直面しなければならなくなります。

実際、セミナーの中で、中辛がダメ、、
とお子さんが、口から戻してしまったこともありました。

これが実際の被災地での出来事なら、悲しすぎます。

※でも実際には、起きている、、、

—————————————————

思いつきました、白米にふりかけ、

高価ではないし、乾いているので保存性も高い、

また、味が何種類もある。

最近は、1セット買うと、いくつもの味が楽しめる

そんな製品も出てきている。

これを、日常に使う分とともに少し、備蓄を意識して

多めに買い込んでおいていただけたらな~

と考えています。

どちらかのメーカーさんとこの

「いのちを守る@防災ふりかけ」プロジェクト


ご一緒できればと

心から希望しております!!!!

————————–

—————————————————

【お問合せ先】

一般社団法人 いのちを守るatプロジェクトJAPAN
Tel : 0120-508-114
e-mail : info@imp-japan.org

#いのちを守る@防災ふりかけ プロジェクト

#子育てママの体験型防災セミナー